コラムColum

引っ越しで差し入れや心付けは渡した方がいいの?渡すタイミングや金額など

大変な引っ越し作業でテキパキ働いてくれる引っ越し作業員へ気持ちとして何か差し入れや心付けを渡そうと思うものの何を渡せばいいのか意外と悩むところです。

今回は引っ越しで差し入れとして渡すと喜ばれるものや渡すタイミングと心付けを渡す場合の金額なども合わせてご紹介します。

引っ越しで差し入れや心付けは渡した方がいいの?

基本的に差し入れや心付けなどは渡す必要はありません。決して安いとは言えない引越し費用を負担して引越しをするのは依頼者本人であり、旧居から新居まで荷物を安全に輸送すると言うサービスを提供しているのが引越し業者なのです。

したがって、引っ越しの際に渡す差し入れや心付けはあくまでも相手への感謝の表しであり周りや慣習に沿って渡す物ではありません。当日引越しにやってきた作業員の仕事ぶりや気配りなどでありがたく想うことなどあったらちょっとした物や少額の心付けなどで気持ちを伝えましょう。

引越し業者によっては「当社のスタッフへの心遣いは不要」と言う旨の記述があり、原則そのような記述をしている引越し会社のスタッフはお客さんから差し入れや心付けを貰ってはいけないと言われている可能性があるので、ほとんど無いとは思うのですが、もし作業員の方が断った場合は無理に渡す必要はありません。

差し入れで貰うと嬉しいもの

差し入れはものの品より気持ちの問題なので何を貰っても貰う側は嬉しいですが、差し出す側は何を渡すといいのか悩むものです。引っ越しではコンパクトで手軽なものが好まれます。

飲料水

引っ越し作業は重たい家具や家電やたくさんのダンボール箱を荷詰めて引っ越し先へ荷卸しするので、かなりの労力を使います。寒い冬の季節でも作業していると暑くなりのどが乾いてくるので、差し入れとして飲料水を貰うと嬉しく思います。基本的にどの飲料水でも喜ばれますが、コーヒーなどは微糖かブラックかで好みが分かれるのでミネラルウォーターなどの水やスポーツドリンク、お茶などを渡すのが無難です。

お菓子

コンビニなどで買える小袋に入った手頃なものがいいでしょう。作業後に甘いお菓子を食べると糖分などでエネルギーの補給にも繋がるのでチョコレートや飴などが好まれます。逆にふ菓子などのパサパサしたものはのどが乾いてくるので、引っ越し作業後にはあまり向かいものです。

軽食

サンドウィッチやおにぎりなど簡単に食べれてお腹を満たされるものは差し入れとして引っ越し作業員には大変嬉しく思われます。特に夕方や夜も近い時間帯での引越し作業では空腹を感じる時でもあるので、トラックの中で手軽に食べられる軽食にハズレは無いです。

差し入れの代わりに現金で心付け

引っ越しの時にどんな差し入れを渡したらいいのか悩む方や差し入れを買いに行く時間や近所にコンビニやスーパーなどが無い場合などで心付けとして現金を渡すというのも少なく無いです。引っ越し当日の作業人数などで大きく金額が変わるかもしれませんが、心付けを渡す場合は無理のない範囲で一人あたり飲み物が一個買える程度の金額を準備しましょう。

心付けを渡す際はそのまま現金で渡すのもいいですが、可能であればポチ袋などに入れて渡しましょう。引っ越し作業にやってきた人数分ポチ袋にお金を入れて準備できるのが理想と言えますが、難しい場合は全て一つにまとめてチームリーダーに渡しましょう。

引っ越しで差し入れや心付けを渡すタイミング

差し入れや心付けなどを渡すタイミングは基本的には作業終了後に引っ越し費用の清算と合わせて渡す事が多いです。もちろん明確に決まっているわけではないので作業開始時や昼をまたいで作業をする際に昼休憩の間に渡す事もあります。

作業効率化のため指揮を上げる目的で作業開始時に渡すのもアリですし、差し入れや心付けを渡すかどうかは作業員の仕事ぶりで判断するのもアリです。

また繁忙期中の大手引越し会社などでは出来るだけ早めに一つの件数をこなす為に先に終わったチームが応援に駆けつけてかなりの大人数になる事がありますが、先に挨拶にやってきたチームへ渡しましょう。

まとめ

  • ・差し入れや心付けは必ずしも渡さないといけないものでは無いです。
  • ・飲料水の場合はコーヒーなど好みの分かれやすいものは避けて、水やお茶など選びましょう。
  • ・心付けは余裕のある範囲で渡しましょう。
  • ・渡すタイミングに明確なものはありません。

アーカイブ

タブ一覧