コラムColum

引越しするならいつがいいの?引越しと六曜の関係性

引越しトラック

冠婚葬祭などでは日取りを意識して六曜の吉日を選ぶ方が大半かと思います。結婚式や葬儀関係では凶日に休日にしたり費用を安くしたりと六曜に対して厳格と言えます。人生において数えるくらいしかしない引越しにも六曜はやはり関係してくるのでしょうか?今回は引越しをするオススメの日などご紹介します。

六曜とはなんなの?

六曜とはその日に適した行動や避けた方が無難とされる事柄を表した運勢事項のようなものです。主に先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順でカレンダーに割り振られています。

冠婚葬祭で現在でもこの六曜選びは重視する傾向にあり、結婚では大いに安すしとされる大安が選ばれる事が多いです。

先勝(せんしょう)

先に勝つと書いて先勝です。文字通りの意味であり早めに済ませるのが良いとされる日です。そのためか午前は吉なのですが午後は凶とされます。早めに手を打つのであればこの先勝の午前に行うと良いかもしれません。

友引(ともびき)

友引は勝負に決着がつかない日とされています。これといった吉日でもなければ凶日でも無いフラットな日ですが、葬儀などではこの日に友の葬儀をあげると冥土の友に連れて行かれるという俗説があるので友引の日は火葬場が休日のところもあります。

先負(せんぶ)

先負は急用や争い事などを避けるべきとされる日です。先勝とは対照的な日であり、この日は一貫して静かにしておくのが良いとされています。午前は凶であり、午後は吉とされます。

仏滅(ぶつめつ)

全ての六曜の中で最も凶日に当たる日です。物事全てがうまく回らない日とされ結婚式などでは忌避する人が多く仏滅の日は料金が割安になります。

大安(たいあん)

全てがうまくいくとされる吉日です。仏滅と対照的な日であり、結婚式では大安を選ばれる方が多いです。また、開業予定日や自動車の納車日なども大安を選ぶ方が多いです。

赤口(しゃっこう)

正午前後が吉とされそれ以外の時間は全て凶とされる日です。赤という字がついていることから血が連想され刃物の取り扱いには注意が必要とされます。

正午前後は11時から1時とされているので昼ごはんを作るときはいつも通りの振る舞いで大丈夫です。

この六曜の起源については不詳な部分も多いのですが、一説によると起源は中国とされ鎌倉時代に日本に伝わったとされます。当時の六曜は現在とは少し違いがあり時代を迎える毎に徐々に現在のような解釈や名称となったようです。

引越しするならいつがいいの?

冠婚葬祭ほどでは無くとも引越しも人生においての一大イベントと呼べるものなので六曜の吉日に合わせて行うのがベターと言えます。オススメはやはり大安と言えそうです。

ですが、凶日とされる日に引越しを行うと費用が安くなる場合もあります。

サカイ引越センター2020 1月赤は割安日

上記のカレンダー画像はアーク引越しセンターとサカイ引越センターの1月のカレンダーですが六暦と照らすと先負、赤口、仏滅などは料金が安いです。

逆に18,24,29日などの大安の日は費用割引などは設けられていないので、引越し業界でも六曜は意識されているようです。

まとめ

引越しをするなら吉日である大安が良いですが、その日の運勢や六曜にそこまで関心が無い場合は仏滅、赤口、先負の日が引越し費用が割安となるのでオススメと言えます。

アーカイブ

タブ一覧