コラムColum

近年の夜逃げ事情や訳あり引っ越しを専門とした引っ越し業社の特徴

近年の夜逃げ事情や訳あり引っ越しを専門とした引っ越し業社の特徴

近年での夜逃げは昔のように借金を抱えてある日の夜に一家総出で引っ越しをするというものでは無くDVや離婚に伴うストレスから解放されるために夜逃げをするといった家庭内の事情に起因したものが主流となりました。

その件数は決して少ないものでは無く通常の引っ越し業社にも何十件に1回は依頼がやってきます。

そのような早急の対応が求められる方に合ったサービスを提供している『夜逃げ専門の引っ越し業社』が存在します。通常の引っ越し業社には無いサービスを売りにしていますが、その特徴など紹介します。

夜逃げは法律的にどうなのか?

夜逃げは法律的に引っかかるものがあるのではと疑問に思う方もいると思いますが、夜逃げは法律上問題はありません。なので犯罪の疑いが無い場合は夜逃げが元で警察が捜査をする事はありません。

しかし借金が元で夜逃げをした場合は計画的なものであれば詐欺罪に問われる可能性があります。また金融会社のほとんどは調査を外部委託しており悪質な夜逃げの場合は徹底的に調べ上げ、債権を回収しに来るので現在では借金が元で夜逃げをするケースは少ないようです。

最近は夜逃げより『昼逃げ』が多い

借金が元で夜逃げをする人は少ないようですが代わりに増加しているのが『DVや離婚、ストーカー被害』などです。夫婦仲の関係悪化に伴うDVから逃れるために夜間ではなくパートナーが仕事で外出中の昼に引っ越しをする昼逃げが近年では増加しています。

昼に引っ越しをするので通常の引っ越し作業となんら代わりは無いのですが、荷物は最低限の物に限り引っ越し作業もなるべく早く完了するように求められるのでどこか緊張感があります。

夜逃げの費用

夜逃げの費用は50,000〜300,000円程発生します。一般的な引っ越しと同様で荷物量や作業人数、走行距離などで費用が上下して早急の対応が必要な場合や早朝、深夜での作業によっても費用が異なります。

また積極的に夜逃げにあったプランを提供している引っ越し業社は少ないですが、夜間での引っ越しに対応してくれる業者は多く存在します。

夜逃げを専門としている業者も存在しており、徹底したサポートを施してくれますが、同時に一般的な引っ越し業社にも相談してみるのもアリです。

夜逃げを専門とした業者の特徴

夜逃げを専門とした業者のサービス内容は引っ越し作業のみでは無く引っ越し後の就労支援や公的手続き盗聴器の調査など引っ越し前や引っ越し後の不安要素を全て解決してくれる一貫したサポートが大きな味方をしてくれるところにあります。

24時間対応しているところがほとんど

夜逃げを専門としている業者では24時間対応しているところがほとんどです。即日での作業が可能であってかつ現時点で身の危険が及んでいる場合は24時間での対応が出来ます。

転居先がバレないように徹底している

夜逃げしたものの元同居人にバレて連れ戻されるというケースがあります。個人の足取りが付くカードや保険や住民票などの情報を特定の人物に開示しないようなメソッドを保持しています。

スタッフに夜逃げを体験している人がいる

スタッフがストーカー被害やDVの被害に遭ったという経緯を持っている人が在籍しています。実際に被害に遭っているので相談者との距離が近くまた、懇親会を定期的に開くなど被害者の心のケアーに寄り添っている会社も存在します。

個人だけで無く法人にも対応している

夜逃げをサポートしている会社は個人だけでなく法人もサポートしています。主に倒産の危機にある会社の事務所移転や事業縮小に伴う会社移転などがあります。

また反社会勢力に乗っ取られる危険性のある法人に対してのサポートや反社会的な活動をしていてやり直す法人に向けても包括的なサポートをしています。

まとめ

  • ・近年での夜逃げは家庭内でのトラブルに起因するものが多い
  • ・夜逃げの費用は通常の引っ越し費用と同等であり、時間帯に左右される
  • ・身の危険が及ぶ場合は専門の業者に相談するのが最も安全に解決できる。

アーカイブ

タブ一覧