コラムColum

引越し後のルームクリーニング代の相場は?原状回復について

退去時に請求されるルームクリーニング費用。原状回復という名目の下支払いを請求されることもありますが、そもそも支払い義務はあるのか、そしてルームクリーニング代の相場やその流れまでご紹介します。

ルームクリーニング代とは?相場について

ルームクリーニング代は退去時に発生する原状回復のための清掃費用です。本来は入居者に支払い義務は無いのですが『特約』としてこの清算を設けている所が多いです。いつも部屋を綺麗に掃除している人でもこの退去時のハウスクリーニング代は避けて通れず大なり小なり費用が発生します。

ルームクリーニングの相場は地域差が若干あり概算になりますが以下の様な料金帯になります。

間取り 料金帯
1R・1k・1dk
  • 1.5万円〜3万円
1LDK〜2LDK
  • 2.5万円〜7万円
3LDK〜4LDK
  • 4.5万円〜7万円
4LDK以上
  • 8万円〜

一人暮らしの方の多くは1Kや1DKにお住まいかと思いますが、ルームクリーニング代は2万円代が妥当かと思います。入居時に支払った敷金の中からこのルームクリーニング代が徴収され、その差額が返って来ます。残念ながら敷金は満額返還される事は無いのでそこは留意しましょう。

原状回復と原状復帰

よく『現状回復』と書かれますが『原状回復』です。これは入居時の状態に戻す事を表し、普通に部屋に住んでいて着いてしまった汚れなどを清掃する事に当てはまります。したがってルームクリーニングは原状回復となるわけです。

対して『原状復帰』とはこちらは建築用語であり、床の傷や壁の凹みなどの修繕に当てはまります。清掃では解決することが出来ないものになる為費用は高額になります。経年での劣化などは大家さんの負担になりますが、傷や凹みなどは借主の負担になる為注意が必要です。

借主負担 貸主負担
床や壁に傷をつける
  • テレビや冷蔵庫によって発生する黒ずみ
タバコによるヤニ汚れ
  • 家具家電による床の跡
ペットによる匂い傷
  • 地震による傷
窓枠などに発生するカビ
  • 経年劣化によるコンロや備え付け家電

あらかじめ入居する前に部屋を見渡して傷や凹みが無いかチェックをして、もし発見した場合当日の日付を添えて写真をとっておくと良いでしょう。

ルームクリーニングの流れ

ハウスクリーニング

ルームクリーニング代の相場について書いて来ましたが、実際の退去時に高額な清掃費用がかかるとその内訳が気になるところです。単に原状回復費用とだけ書かれていたのでは本当にそんなに掛かるの??と疑問に思います。そこであらかじめルームクリーニングの流れを知って置いて費用を算出しておきましょう。

全体の行程は大きく分けて5つ

全体の行程は大きく分けて5つに分類できます。これは各業者によって異なるかも知れませんが基本的に5つで分類されます。

風呂、洗面台

清掃前のお風呂

風呂のバスについた黒ずみ、鏡についた水垢などを洗浄していきます。完全に落としきる事は難しいのでやや残ります。

トイレ

清掃中のトイレ

天井に付いている換気扇、ウォッシュレットなど外して洗浄していきます。

エアコン、冊子、バルコニー

エアコン

エアコンの枠を外して内部のフィルターを洗浄します。冊子とは窓枠でありカビなどを取り除きます。

キッチン

汚れの残るキッチン

キッチン周りの頑固な油汚れを落とします。汚れがひどい場合落としきるのは難しく全ての行程で最も時間がかかります。

部屋うち

部屋全体の清掃

上記の清掃が終わったら部屋全体の床やクロスに付いたヤニ汚れなどを落としていきます。最後に階段や玄関を清掃してルームクリーニングは完了します。

これら全ての行程を行なった上で上記の相場表の料金となります。実は一つ一つを依頼するとエアコンだけで8,000〜15,000円もの費用が掛かるためルームクリーニングは部屋がそこまで広く無い場合は全体を通してやった方が安く済みます。

エアコン清掃
  • 8,000円〜15,000円
キッチン
  • 15,000円〜25,000円
トイレ
  • 8,000円〜10,000円
風呂、洗面所
  • 14,000円〜18,000円

もし退去時に高額な費用が発生した場合はどの部分にそこまでに費用が掛かるのか細かに聞いた上で国土交通省が発令している原状回復をめぐるトラブルとガイドラインに従ってもらいましょう。

まとめ

  • ・ルームクリーニングの費用相場は1DK程度で2万円代。
  • ・入居当初に戻すことが原状回復。
  • ・通常普通に住んでいる程度では高額な原状回復費用は掛からないのでガイドラインを参考にする。

アーカイブ

タブ一覧