コラムColum

一度契約した引越しをキャンセルする方法

この引越し業者に依頼しようと思い契約したけれど後に「こっちの方が料金が安い!」や「引越し自体が無くなった」など料金的な面や止む終えない事情で断らないといけない場合などあるかと思います。そこで引越しのキャンセルの方法や違約金が発生する場合や受け取った資材についてなどご紹介します。

一度契約した引越しをキャンセルする方法

契約した引越し会社に直接電話やメールでキャンセルの旨の連絡をしましょう。これで契約解消出来ます。なぜ会社に直接連絡するかと言うと営業に来られた方に連絡した場合、ほぼ間違いなく引き止められてしまうからです。断るのが苦手な人にはちょっと苦痛な時間かもしれません。少々億劫でもキャンセル自体は何の問題も無くできる事なので、安心して連絡しましょう。

引越しをキャンセルすると違約金が発生するのか?

引越しをキャンセルすると違約金が発生するのではないかと不安に思う方もいらっしゃると思いますが、引越し当日より3日前であれば違約金は発生しません。

2日前 運賃及び料金の20%以内
前日 運賃及び料金の30%以内
当日 運賃及び料金の50%以内

引越し業界にはお客様と業者側でトラブルを未然に防ぐために標準引越運送約款と言うルールを設けています。これには上記の表のような違約金が設定されております。以前は上記表の料金が半分ほどでしたが、改正され違約金が増加しました。引越し当日にもなると50%以内と割高になるのでくれぐれも当日でのキャンセルは控えましょう。

ダンボールやその他資材はどうするのか?

契約して引越しの準備としてダンボールやテープその他資材をもらうと思いますが、これらは使ってしまった場合はお客様自身が買取と言う形で処分しなければいけません。また使用していない場合でも送料は自己負担の場合が多いです。引越しキャンセルに伴う資材の送料や代金については各引越し業者によって異なるので各ホームページを確認しましょう。

また、よくあるトラブルとして見積もりをして貰っただけなのに資材が届く事です。実際に書面での契約を結んでいなくても、口頭でのみでも契約は成立するので確定していない場合はきっぱりとお断りしましょう。

アーカイブ

タブ一覧