コラムColum

引っ越しでバイクを運ぶ際に必要な手続きや料金

バイク

引っ越しに伴ってバイクの住所変更などの手続きを行いますが各排気量ごとに必要書類や管轄が異なります。

またバイクの輸送は引っ越し業者を利用するのと陸送を利用するので費用に大きな差が出てきます。各価格差に目を通す事で安価に引っ越し先まで届ける事ができます。

引っ越しでバイクを運ぶ際に必要な手続き

車検証

引っ越し先の住所が引っ越し元と異なり排気量が126cc以上の場合は管轄が引っ越し先の陸運局となります。また同一の管轄でも引っ越しした際は住所変更を行わなければいけません。

125cc以下のバイク

125cc以下のバイクは管轄がその地域の市町村役場となります。126cc以上のバイクに比べて手続きに必要な書類など少なく、同一市区町村での引っ越しの場合は転居届を提出すると同時に自動的にバイクの住所なども置き換わるので特別な手続きは必要ありません。

他県へ引っ越しする場合は引っ越し元の役場で以下の物を持って行き手続きが必要となります。

    必要なもの
  • ・標識交付証明証
  • ・印鑑
  • ・ナンバープレート

転居届を提出する際に一緒に手続きを済ませると手間が省けます。

126cc〜250ccのバイク

126cc以上のバイクは管轄が市区町村ではなく陸運局になります。必要な手続きが増えて同一の管轄内での引っ越しでも住所変更の手続きをしなければいけません。

    必要なもの
  • ・軽自動車届出済証記入申請書(陸運局で入手)
  • ・軽自動車届出済証返納届・軽自動車届出書(陸運局で入手)
  • ・軽自動車届出済証
  • ・自賠責保険証明書
  • ・新住所の住民票
  • ・印鑑
  • ・住所変更の場合は古いナンバープレート

ナンバープレートの変更がない場合は軽自動車届出済証記入申請書を陸運局で貰います。ナンバーに変更がある場合は『軽自動車届出済証返納届・軽自動車届出書』を入手して手続きをします。その際古いナンバプレートも忘れずに持って行きましょう。

251cc以上のバイク

基本的な手続きは126cc〜250ccのバイクと一緒です。こちらも転居先の管轄の陸運局で手続きを行います。

    必要なもの
  • ・自動車検査証
  • ・自賠責保険証明書
  • ・引っ越し先の住民票
  • ・印鑑

引っ越しで発生するバイクの運搬料金

原付バイクやカブなどの小型バイクは通常の家具家電などと一緒にトラックで運んで貰えますが、126cc以上の中型バイクなどは陸送などを手配して別便で輸送する事が一般的です。

引っ越し会社から直接依頼する事もできますが費用が通常の陸送を利用するより高くなります。窓口一本で済むので楽なのですが、費用を抑えたい場合は個人で陸送を手配する方が料金を抑えられます。

距離 引っ越し業者 陸送便
500km〜 50,000〜60,000円 30,000円〜40,000円

また、引っ越しシーズンなどでは費用が高騰してバイク1台でも大きく費用が膨らむ可能性があるので事前にバイクを専門としている陸送業者に見積もりを取っておきましょう。

引っ越しする際に気をつけておく点

バイクを引っ越しする際に必要な注意点として『1,ガソリンを抜いておく2,バイクの写真を撮っておく3,お届け日程などを事前に確認しておく』などが挙げられます。

ガソリンを抜いておく

運送中の引火や火災防止のために事前にガソリンを抜いておかなければいけません。ガソリンを抜くのは一見簡単そうに見えますが実は専門的な要素が強くガソリンの保管も専用のケースで保管しなければいけません。

バイクの陸送業者によってはガソリン抜きの作業をやってくれるので見積もりを取ってもらう際に合わせて尋ねてみましょう。

もし難しい場合は最寄りのバイク屋さんに相談してみましょう。

バイクの写真を撮っておく

それほど多くは無いのですが恐らく運送中の出来事が元でバイクが故障していたと言う事があります。これは極端な例かもしれませんが、傷や凹みなどは発生しやすいものなので運送をする前からバイクの状態をよく確認した上で写真を撮っておきましょう。

お届け日程を確認する

バイクの陸送は引っ越しと違い到着まで日数がかかります。陸送業者に到着予定日や時間を確認してスケジュールを空けておきましょう。

引っ越しを機にバイクを売る事も検討しよう

あまり乗らない場合や新居で新たに購入を考えているなど引っ越し先で現在のバイクを乗っていく事に消極的な気持ちがある場合はバイクを売る事も検討してみましょう。

引っ越しを機に現在のバイクを手放す人は少なくなく、陸送費用がかからずにバイクの買取金額が貰えるので一石二鳥です。

注意点としてバイクの買取業者などではこの機に乗じて買取金額を抑える事があります。

引っ越しをするので出来るだけ早くに手放したいと言う気持ちが先行して本来ならもっと高値で売れていた物を安価で売ってしまう事があるので、バイクを売買する際でも数社で見積もりを取って納得のいく形で手放しましょう。

まとめ

  • ・125cc以下のバイクでは手続きは簡単あるいは不要です。
  • ・126cc以上のバイクだと管轄が陸運局となり手続きに必要な物も増えます。
  • ・バイクは引っ越し業者に頼むより、陸送に依頼するほうが安価。

アーカイブ

タブ一覧