コラムColum

ベッドの引越し方法や費用〜処分方法など

ベッドの引越し方法や費用〜処分方法など

冷蔵庫や洗濯機に次いで面積を圧迫する家具であるベッド。運ぶだけで無く組み立ても付いて回る手間の掛かる物ですが、生活必需品といっても過言ではありません。今回はそんなベッドに絞ってその引越し方法や費用など不要となったベッドの処分方法などご紹介します。

ベッドの引越し費用の相場

ベッドのみでもその引越しに掛かる費用は結構高いです。

ベッドの引越し費用相場(同一県内)
シングルベッド
  • 5,000〜10,000円
セミダブルベッド
  • 15,000円〜
ダブルベッド
  • 20,000円〜

基本的にベッドの搬入、搬出は最初にベッドの骨組みを解体して引越し先で組み直すというものになりますが、一連の作業は一人で出来るものでは無いので最低でも二人作業でやっていきます。

ほとんどどこの引越し会社でもベッドの組み立ては別途で料金が発生するので、ベッドのみの運搬にはたいして費用に差がありません。

単身パックなどの格安単身サービスを利用する手もあるのですが、単身パックで利用されるコンテナの高さは175cm以下であるものが一般的なので折りたたみ式ベッドや分割が出来るベッド、パイプベッドなどサイズを調整出来るものに限られます。

とはいえ、単身パックで詰める荷物が全てでかつ遠方の場合は最安値でベッドを運べることが出来ます。

また、あまりにも大きなベッドとマットレスの場合は通路を通ることが出来ないので、窓枠を外してクレーンで吊り上げての搬入となりますが、費用がかさむのは言うまでも無くかなり高額な場合は新居で新しく買い直すのも一つの手です。

引越し時にベッドを処分するなら

引越し時にベッドを処分する人は少なくなく主な処分先は『大型ゴミの収集に出す』、『リサイクルショップで処分して貰う』『フリマアプリを利用する』などが挙げられます。

大型ゴミで出す

市の指定している大型ゴミの収集手順に従い処分します。まずは、大型ゴミ受け付けセンターへ連絡して予約をします。収集日は各住まいの地区により異なるのであらかじめ確認して何日か前に予約の電話を入れましょう。

次に大型ゴミの手数料納付券を発行します。250円と1000円の2種類あるので、各処分に掛かる費用分必要となります。

こちらの納付券はコンビニなどで買うことが出来て払い戻しは出来ないですが有効期限などは設けられていないので、もし余った場合でも次の機会に利用することが出来ます。

広島市の場合はベッドの処分に二人用のもので1000円となり、マットレスは250円となります。納付券を貼って予約時に指定された場所へ置いておくと処分されます。

リサイクルショップで処分して貰う

状態が綺麗な場合はリサイクルショップへ見積もりを出してもらいましょう。基本的にリサイクルショップは布団やカーペットなど寝具に関わるものは買取して貰えないですが、状態の良いベッドなどは無料で引き取って貰えます。

フリマアプリを利用する

メルカリなど有名ですが、ここで使うアプリは『ジモティー』です。メルカリを利用することも手なのですが、基本的に送料は出品者負担なのでベッドがブランド品で無い限りは送料の方が大分高く付きます。

通常のベッドで特に状態が悪く無い場合はジモティーで無料で出品して引き取って貰うと処分費用はゼロです。

まとめ

  • ・ベッドの引越し費用は5,000円から20,000円が相場です。
  • ・単身パックのコンテナに入るサイズで遠方の場合はこちらが最安値。
  • ・処分する場合は状態が綺麗な場合は0円で処分出来る。

アーカイブ

タブ一覧